αリボ酸の摂取方法と注意点

αリボ酸の摂取をサプリメントからするときには、100ml〜200mlが1日の摂取量としては適切だといわれています。

αリボ酸はほうれん草やブロッコリー、牛レバーなどに多く含まれると言われています。しかし食材の含有量は多くないことから、サプリメントを活用することが適切であるといえるのではないでしょうか。

多くのサプリメントは食後に摂取しますが、αリボ酸は食事の30分前くらいが適しています。空腹時の方が吸収率が高く、血中濃度を高く維持することができるためです。

αリボ酸をダイエットが目的で摂取するという人は、L-カルニチンやビタミンB群の併用が脂肪燃焼を促してくれるので効果があります。

美肌効果や生活習慣病対策を求めて摂取する場合には、ビタミンCやコエンザイムQ10を一緒に摂るのがよいでしょう。

αリボ酸は安全性の高い成分として知られています。
信頼性の高いデータが妊婦や授乳婦に対しては存在していませんので、あまり摂取しないほうが良いでしょう。

原因がαリボ酸の摂取だと考えられる低血糖の症状などの報告もあるようです。実際にサプリメントを利用する場合には、過剰な広告内容にだまされないように注意しましょう。

補助的に食習慣や生活習慣改善をするものとして、αリボ酸サプリメントを利用するのがおすすめです。