がんとサメの軟骨

がんとサメの軟骨サプリメントとには、いったいどんな関係があるのでしょうか。

体に異変が起こったときに、新生血管というものができます。新生血管は体は健康の時には生じません。しかし、がんというのは、もともと自分の正常細胞である細胞が変異してできたものなのです。

がんの治療法としては、放射線治療など、がん細胞を攻撃するというものが今までのやり方でしたが、健康な細胞をまで同時にダメージを与えてしまうとになります。

がん細胞が増殖するためには、栄養を吸収するために新しい血管を形成する必要があるので、軟骨サプリメントが効果を発揮するのです。がん細胞が大きくなる為に必要となる新生血管を抑制することにより、がん細胞の増殖を防いで縮小させる効果が期待できるのです。

体の免疫力を抑制する物質の力を抑える働きが、サメの軟骨に含まれているタンパク質と複合炭水化物が結合した物質であるムコ多糖にはあるといいます。ガンの増殖に対抗する味方になってくれるのが、ムコ多糖のこの働きなのです。

4万年前から生きているサメは、強い生命力を備えています。サメ、ウサギ、牛などに強い発がん性物質を与えたところ、がんがサメ以外の動物にできたという研究成果もあるのです。

新生血管をサメの軟骨から作るために薬の臨床試験が行われており、その薬の臨床試験が数十種類以上もされているといわれています。人工的に合成するものではなく、サメという生物の軟骨に含まれている成分が利用できれば非常に安全です。

臨床実験の結果によっては、今後ますますサメ軟骨のサプリメントはがんと闘うための免疫力とさめの軟骨には関係があることからも注目されることでしょう。